60代 こんな暮らし

人生の黄昏を感じる60代。日々の暮らしとこれまでの思い出を綴ります。

2023年2月 満月 スノームーン 藤城清治展

昨日、2月6日は満月「スノームーン」でした。

2023年中、一番地球から遠い位置にある満月です。


この絵は藤城清治さんの影絵です。

2021年銀座、教文館の「こびとと一緒に生きるよろこび展」で。

写真撮影 OK だったので、撮りました。

タイトルは「月光の響」


小学校の理科で習った人も多いと思いますが、月は月齢によって昇る場所や時間が違います。

太陽が西に沈むとき、東の空から昇るのが満月です。


有名な与謝蕪村の俳句

「菜の花や 月は東に 日は西に」

というのがあります。

この俳句に詠まれている月は満月🌕で、時刻は日没時。日が西の空に沈む時、満月が東の空から昇っている情景です。


満月の時、太陽、地球、月はちょうど一直線に並んでいるわけですね。


もし「月は西に 日は東に」

と詠まれたら(俳句になりませんが)、明け方、満月が西に沈み、東の空から日が昇る情景を詠ったことになります。


もし「月は西に 日も西に」

だったら、夕刻、日が西の空に沈む頃、三日月🌙が西の空から昇っている情景です。


現代の人間にとって月はただ風流に眺めるものですが、ガスも電気もない江戸時代以前の人にとっては、月には無料の夜間の照明という大事な役割を担っていました。


太陽太陰暦だと、15日は満月、晦日は新月とすぐにわかるわけです。

何日だと月がどんな形をして、空のどこに見えるか当時の人は知っています。

与謝蕪村の俳句をそれを踏まえて詠まれています。


また江戸時代は日の出を明け六つ、日没を暮れ六つとしてたので、夏は昼の時間が長く、夜は昼の時間が短くなります。


日の出とともに起きて、日が沈むと休む。冬になると、寝る時間が長くなる。人類は長い間そんな暮らし方をしていたのでしょう。



60代シニア 花粉症 ヘバーデン結節

昨日は立春でした。

暦の上では春ですね。

コロナのマスクは各自の判断に任せるようになりましたね。

しかし、私は花粉症。

今年は例年よりずっと花粉の飛散が多い上に、今住んでいるのはもともとよく花粉が飛ぶ地域です。

すでに外に出ると、目が痒くなります。

この時期、外でマスクは外せそうにありません。


        🌼


人差し指がヘバーデン結節になりました。

ヘバーデン結節とは、ご存知の方も多いと思います。指の第1関節が膨れて突き指のようになるのです。

更年期以降の女性がよく発症します。


私の場合、3年前に小指が突然発症しました。レンジフードの掃除をした翌日、急に小指が痛んで、突き指をしたように曲がって膨れ上がりました。

痛みは数日で取れましたが関節の膨らみは治りません。近所の医院に行ったところ、一目でヘバーデン結節だと言われて湿布薬を出してくれました。


老化現象で、一旦曲がった関節がもとに戻ることはないそうです。

幸い、その後大した痛みはありません。

念のため整形外科でレントゲンを撮ってもらいました。他の指も症状は出ていないだけで、軟骨がすり減っていました。


同世代の友人もヘバーデンになったり、膝の痛みを抱えています。


指先に力を入れないのが良いとわかっていますが、普段の生活では難しいですね。

夫が腰痛なので、しばらく家で腰のマッサージをしてあげていたのですが、ちょっと無理になりました。

代わりに夫には、もっと整体に行ってもらいます。


今は消炎鎮痛テープを巻いているし、痛みはありません。このままひどくならなく治まってくれるといいのですが。


そうそう、明日は満月です🌕



20023年2月 節分 恵方巻

今日は節分です。

寒い日になりました。

コロナの前は、節分の豆まきを見に行った年もありました。

有名人を招いて豆まきをするお寺や神社がニュースで放映されますが、普通の神社でも豆まきをしているところがあります。


今住んでいる地元の神社では参加費を納めれば、裃を貸してもらえて豆まきができます。

参拝者は地元の人で、人で境内が混み合うこともなく、地元の小さな季節の行事といったかんじです。

参加費を納めて、福豆を巻く経験をしてみるのも楽しいかも 


こちらは去年食べた恵方巻の海鮮巻です

節分に恵方巻き食べる風習は、私の子供の頃にはありませんでした。

一部の地域ではしていたのかもしれませんが。

そのせいで、節分に恵方巻を食べたのは、去年が初めてでした。

近所のお寿司屋さんで店頭販売していたのを買いました。

さすがお寿司屋さんだけ、あっネタで新鮮で美味しかったです。


具もマグロ、サーモン、真鯛、イカ、ゆでエビ、イクラ、卵焼き、キュウリ、大葉、と豊富。握りの具材を巻きずしにした感じです。

とても一口で食べられるサイズではなく、具材を箸で分けて食べました。

ちょっとしたコース料理の前菜を頂いた気分でした。


節分が終われば、明日は立春。寒さの中に少しづつ春の訪れを感じます。